【削除】ソリティアは不要!勝手にインストールされたゲームを消去

【削除】ソリティアは不要!勝手にインストールされたゲームを消去

Windows10になってから、昔から添付ゲームとしてあったソリティアが、新たにインストールをしたり新たなユーザアカウント(子供アカウント含め)を作った時、出来上がったシンプルなメニュー、タイルの中に追加されます。

スタートメニューの目立つ位置のタイルエリアにソリティア(Solitaire)コレクションが出てくるので、人によっては目障りかもしれません。

もしパソコンでゲームはしないという方や、家族にもさせたくないという考えでしたら、先に削除してしまいましょう。やり方を説明します。

Windows10のインストールゲーム

アカウントを作ると、最初の状態では、マイクロソフトが勝手にインストールするゲームがタイルのほうに並んでいます。

マインクラフト体験版、ソリティア、マーチオブエンパイア、Hidden City、その他にスマホ用ゲームのPC版などです。

メニューに出るゲームへの対応

ゲームはやらないので、どんどん消します。タイルの上で、ひたすら右クリック→[アンインストール]をします。

自分でインストールしたわけではないのに、アンインストール?という疑問を抱くかもしれません。ですが、そこで迷って[スタートからピン留めをはずす]の方を選んでしまうと、見た目上はタイルが消えるのですが、メニューの中のアプリ(ショートカット)が残ってしまいます。


タイルは消えても。。。


メニューにはまだ残っています。

Windows10の自動アップデートにより、右クリックで[アンインストール]が出ない場合もあります。この場合はまだ勝手にインストールがされておらず、単におすすめアプリとして表示されているので、「スタートからピン留めを外す」をクリックして消去すれば大丈夫です。

次に、マイクロソフトのおすすめを遮断しましょう。

マイクロソフトのおすすめ機能は、ストアアプリから何らかのアルゴリズムで選ばれたアプリを、頼んでもいないのにスタートメニューに出現させます。ゲームが出た場合、PCを共有で使っている子供にクリックされてしまう可能性があります。

[Windowsの設定]を開きます

[個人用設定]を開きます。

[スタート]を開きます

[ときどきスタートにおすすめを表示する]をオフにします。

おすすめが出なくなれば、見覚えのないアプリが目障りになることもなくなります。

まとめ

Windows10をインストールした際のままでは、メニュータイルにいろいろと不要なアプリが載ったままになりますので、消しましょう。

プリインストールアプリは、マイクロソフトが勝手にアップデートしますので、更新ファイルが蓄積されだんだんパソコンが重くなります。

テキストのコピーはできません。