【削除】勝手にインストールされるCandy Crush Sagaを消す

【削除】勝手にインストールされるCandy Crush Sagaを消す

Windows10が入ったパソコンを使っているとき、スタートメニューを開くと、勝手にインストールされたCandy Crush Sagaのアイコン(タイル)が目に入ります。

自分はパソコンでゲームはやらないから邪魔、アンインストールしてしまいたい、と思っている方はいませんか。この投稿でやり方を説明します。

Windows10のインストールゲーム

Candy Crush Soda (キャンディクラッシュソーダ)、Candy Crush Saga (キャンディクラッシュサガ)、Candy Crush Friends Saga (キャンディクラッシュフレンズ)ともに、Windows10をインストールしたり、新たにユーザを作ったりした最初は、アイコンが黒塗り(グレー)になっていてインストールされていないのですが。

放っておくと、メニューリストのアイコンの下に、ダウンロードの進み具合を示すバーが出て。

勝手にインストールされて、アイコンがくっきりに変化します。とても目ざわりで、すぐ削除してしまいましょう。

メニューに出るゲームへの対応

キャンディクラッシュフレンズ(Candy Crush Friends Saga)で説明します。

まず、タイルの上で右クリック→[アンインストール]を選びます。

自分でインストールしたわけではないのに、アンインストール?という疑問を抱くかもしれません。ですが、そこで迷って[スタートからピン留めをはずす]の方を選んでしまうと、見た目上はタイルが消えるのですが、メニューの中のアプリ(ショートカット)が残ってしまいます。

タイルは消えても。。。

メニューにはまだ残っています。

アンインストールを進めると「このアプリとその関連情報がアンインストールされます」というお知らせが出るので、「アンインストール」をクリックします。

アンインストールが終わると、アイコン(タイル)が消えます。

この時、アプリリストからも消えていることが確認できるので、アプリ本体がアンインストールできたことが分かります。

全部のゲームがアンインストールできると、この通りタイルが削除されてすっきりします。

次に、マイクロソフトのおすすめを遮断しましょう。

マイクロソフトのおすすめ機能は、ストアアプリから何らかのアルゴリズムで選ばれたアプリを、頼んでもいないのにスタートメニューに出現させます。
これらも結局は、アプリ製作会社の広告なんですよね。

[Windowsの設定]を開きます

[個人用設定]を開きます。

[スタート]を開きます

[ときどきスタートにおすすめを表示する]をオフにします。

おすすめされなくても結構です!

まとめ

Windows10をインストールした際のままでは、メニュータイルにいろいろと不要なアプリが載ったままになりますので、消しましょう。
プリインストールアプリは、マイクロソフトが勝手にアップデートしますので、だんだんパソコンが重くなる恐れがあると思います。

テキストのコピーはできません。