Windows10の勝手に入っているOneDriveは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

Windows10の勝手に入っているOneDriveは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、OneDriveは使ったこともなく、今後も不要ではないかと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではOneDriveは削除しても大丈夫なのでしょうか。そこで、安全なアンインストールの方法を解説します。

OneDriveとは

クラウドストレージを提供するMicrosoft製のアプリです。自分が使うパソコンのハードディスク(HDDまたはSSD)ではなく、ネット接続で繋がったMicrosoftのデータセンターに画像やファイルを保管する方法です。

他にクラウドストレージで使っているアプリがあったり、自分のハードディスクに保存するのが安心であれば、特にOneDriveを使う必要はありません。

削除の方法

通常のメニューから実施する方法を説明します。

マウス操作でアンインストール

[スタートメニュー]-[OneDrive]とたどり、[OneDrive]の上でマウスの右クリックを行います。

[アンインストール]をクリックし、実行すればアプリは削除されます。

テキストのコピーはできません。