Windows10の勝手に入っているInternet Exploreは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

NO IMAGE

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、Internet Exploreは使わない、今後もいらないのではと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではInternet Exploreは削除しても大丈夫なのでしょうか。そこで、安全なアンインストールの方法を解説します。

Internet Exploreとは

過去にWindows に標準アプリとしてインストールされたブラウザ、インターネットをみるためのMicrosoft製のアプリです。

インターネットの歴史では、ブラウザと言えば初めはInternet Explore(通称 IE)かNetscape Navigator(通称 ネスケ)から始まりました。

しかし、Chrome やFirefox などのMicrosoft以外のブラウザが出てきて、動作の軽快さや洗練された使い勝手で人気を集めてきて、Midrosoftも古くなったIEの機能アップはあきらめました。

Chrome やFirefox などをすでに使っていて、特に困っていないようでしたら、Internet Explore は不要です。

削除の方法

通常のメニューから実施する方法を説明します。

マウス操作でアンインストール

[スタートメニュー]-[Windowsアクセサリ]とたどり、[Internet Explore]の上でマウスの右クリックを行います。

[アンインストール]をクリックし、実行すればアプリは削除されます。

アンインストールできないとき

スタートボタンをクリックし、電源ボタンの上にある[設定]を選びます。

[アプリ]のアイコンをクリックします。アプリと機能が表示されますので、[オプション機能の管理]をクリックします。

オプション機能のリストが表示されます。リスト内のInternet Explore 11をクリックし、アンインストールボタンから削除へ進んでください。

アンインストールボタンがクリックできないときは、Windows10 がアンインストールを許可していない状態です。

このときは、Windows10 を最新のバージョンにアップデートすると、Internet Exploreが削除できるようになります。

スタートメニューにある[設定]から、[更新とセキュリティ]のアイコンをクリックし、Windows Updateを実行してください。

テキストのコピーはできません。