Windows10の勝手に入っているTwitterは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

Windows10の勝手に入っているTwitterは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、Twitterは使ったこともなく、今後も不要なのではと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではTwitterは削除しても大丈夫なのでしょうか。そこで、安全なアンインストールの方法を解説します。

Twitterとは

「いま」起きていることをツイート(つぶやく)するツイッター社製のアプリです。ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治から身近な情報まで、Twitterではあらゆる情報がすぐに手に入ります。

他に気になる情報のチェックで使っているウェブサイトやアプリがあれば、特にTwitterを使う必要はありません。

削除の方法

通常のメニューから実施する方法と、少し高度な方法を説明します。メニューから削除できないアプリは、高度な方法を使うと削除できます。

マウス操作でアンインストール

[スタートメニュー]-[Twitter]とたどり、[Twitter]の上でマウスの右クリックを行います。

[アンインストール]をクリックし、実行すればアプリは削除されます。しかし、マウス操作で[アンインストール]が表示されない場合、高度な方法を使います。

高度な方法

キーボードからWindows10へ命令(コマンド)を送り、削除を実施します。

「PowerShell」というアプリを呼び出します。タスクバーの上でマウスの右クリックを行い、[タスクバーの設定]を選択します。

「[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー + Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」というスイッチがありますので、当初はオフになっているところをオンに変更します。

これで、この設定画面は閉じて良いです。

スタートボタンの上で、マウスの右クリックを行います。すると、真ん中あたりに[Windows PowerShell(管理者)]という表示がありますので、左クリックで開きます。途中で実行するかどうかの判断を聞かれる場合がありますが、[はい]を選びWindows PowerShellを開きます。

Windows PowerShellの画面で、キーボードから以下の文字列を入力してください。


Get-AppxPackage *Twitter | Remove-AppxPackage

入力してEnterキーを押すと、アンインストールが実行されてTwitterが削除されます。

補足

Windows PowerShellの起動方法は他にもありますので、上記でうまくいかない場合、

①スタートボタンの上で、マウスの右クリックを行います。すると、下のほうに[検索]という表示がありますので、左クリックで開きます。
検索の入力ボックスに PowerShell と打ち込み、表示された[管理者として実行する]を左クリックします。

②スタートメニューのアプリ一覧をたどっていき、[Windows PowerShell]を表示させ、右クリックを行って[管理者として実行する]をクリックします。

テキストのコピーはできません。