Windows10の勝手に入っているWeb メディア拡張機能は削除しても大丈夫?アンインストールの方法

NO IMAGE

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、「アプリと機能」に表示されるWeb メディア拡張機能は、本当は不要なのではと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではWeb メディア拡張機能は削除しても大丈夫なのでしょうか。そこで、安全なアンインストールの方法を解説します。

Web メディア拡張機能とは

Microsoft Edge および Windows 10 を拡張してVorbis または Theora のコーデックを使用してエンコードされたコンテンツを再生するMicrosoft製のアプリです。拡張子は.oggや.ogvです。

音声や映像ファイルサイズを小さくできるため既にサードパーティの再生ソフトには組み込まれており、多くのOSでサポートされる可能性があります。ですので、削除しないことをおすすめします。

しかし、パソコンの用途によっては動画ファイルを全く扱わない(Webサーバを立てるなど)場合もありますので、その際は不要と考え削除しても構いません。

削除の方法

通常のメニューから削除できませんが、少し高度な方法を使うと削除できます。

高度な方法

キーボードからWindows10へ命令(コマンド)を送り、削除を実施します。

「PowerShell」というアプリを呼び出します。タスクバーの上でマウスの右クリックを行い、[タスクバーの設定]を選択します。

「[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー + Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」というスイッチがありますので、当初はオフになっているところをオンに変更します。

これで、この設定画面は閉じて良いです。

スタートボタンの上で、マウスの右クリックを行います。すると、真ん中あたりに[Windows PowerShell(管理者)]という表示がありますので、左クリックで開きます。途中で実行するかどうかの判断を聞かれる場合がありますが、[はい]を選びWindows PowerShellを開きます。

Windows PowerShellの画面で、キーボードから以下の文字列を入力してください。そのままコピーペーストしても良いです。

Get-AppxPackage Microsoft.WebMediaExtensions | Remove-AppxPackage

入力してEnterキーを押すと、アンインストールが実行されてWeb メディア拡張機能が削除されます。

補足

Windows PowerShellの起動方法は他にもありますので、上記でうまくいかない場合、

①スタートボタンの上で、マウスの右クリックを行います。すると、下のほうに[検索]という表示がありますので、左クリックで開きます。
検索の入力ボックスに PowerShell と打ち込み、表示された[管理者として実行する]を左クリックします。

②スタートメニューのアプリ一覧をたどっていき、[Windows PowerShell]を表示させ、右クリックを行って[管理者として実行する]をクリックします。

テキストのコピーはできません。