Windows10の勝手に入っているToDoは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

NO IMAGE

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、Microsoft To Doは使わない、今後もいらないのではと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではMicrosoft To Doは削除しても大丈夫なのでしょうか。そこで、安全なアンインストールの方法を解説します。

Microsoft To Doとは

スケジュールやタスクの管理ができるMicrosoft製のアプリです。Outlookとの間でタスクを同期することができます。

ほかにスケジュール管理ができるアプリを使っているようでしたら、To Doは不要です。削除しても問題ありません。

削除の方法

通常のメニューから実施する方法を説明します。

マウス操作でアンインストール

[スタートメニュー]で表示される[Microsoft To Do]のタイルの上で、マウスの右クリックを行います。

[アンインストール]をクリックし、実行すればアプリは削除されます。

アンインストールボタンがでない、クリックできない

アンインストールボタンがクリックできないときは、Windows10 がアンインストールを許可していない状態です。

このときは、Windows10 を最新のバージョンにアップデートすると、メモ帳が削除できるようになります。

スタートメニューにある[設定]から、[更新とセキュリティ]のアイコンをクリックし、Windows Updateを実行してください。



まとめ

Windows10をインストールした際のままでは、メニュータイルにいろいろと不要なアプリが載ったままになりますので、消しましょう。

プリインストールアプリは、マイクロソフトが勝手にアップデートしますので、だんだんパソコンが重くなります

テキストのコピーはできません。