【どこまで】Windows10の勝手に入っているMicrosoft Edgeは削除できる?

NO IMAGE

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、Microsoft Edgeは使わない、今後もいらないのではと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではMicrosoft Edgeは削除できるのでしょうか。

結論としては、現在はできません。

通常はどのような方法があり、それがWindows10に跳ね返されるのか説明します。

Microsoft Edgeとは

Windows10 から標準でインストールされるようになったブラウザ、インターネットをみるためのMicrosoft製のアプリです。

もともと、Chrome やFirefox などのMicrosoft以外のブラウザが出てきて、動作の軽快さや洗練された使い勝手で人気を集めていた世の中へ、Midrosoftが後から送り出してきたブラウザです。

Chrome やFirefox をすでに使っていて、特に困っていないようでしたら、Microsoft Edge は不要ですね。

マウス操作でアンインストール

[スタートメニュー]-[Microsoft Edge]とたどり、[Microsoft Edge]の上でマウスの右クリックを行います。

しかし、ここには[アンインストール]が出ません。

アプリの設定からアンインストール

[スタートメニュー]-[設定]とたどり、アプリの設定を呼び出します。

アプリ一覧がリストで表示される中に、[Microsoft Edge]がありますので、クリックしてアンインストールのボタンを表示します。

しかし、ボタンはグレーアウトしていて、クリックできません。

高度な方法

キーボードからWindows10へ命令(コマンド)を送り、削除を実施します。

「PowerShell」というアプリを呼び出します。タスクバーの上でマウスの右クリックを行い、[タスクバーの設定]を選択します。

「[スタート]ボタンを右クリックするかWindowsキー + Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトをWindows PowerShellに置き換える」というスイッチがありますので、当初はオフになっているところをオンに変更します。

これで、この設定画面は閉じて良いです。

スタートボタンの上で、マウスの右クリックを行います。すると、真ん中あたりに[Windows PowerShell(管理者)]という表示がありますので、左クリックで開きます。途中で実行するかどうかの判断を聞かれる場合がありますが、[はい]を選びWindows PowerShellを開きます。

Windows PowerShellの画面で、キーボードから以下の文字列を入力します。


Get-AppxPackage Microsoft.MicrosoftEdge | Remove-AppxPackage

入力してEnterキーを押すと、アンインストールが実行が試みられます。

しかし、[このアプリはWindows の一部のため、ユーザー単位でアンインストールすることはできません]と出ます。

その他に、「管理者は、[Windows機能の有効化または無効化]を使用して、コンピューターからアプリの削除を試みることができます」「ただし、アプリ外アンインストールできない場合もあります。」と表示されます。

強力な管理者権限があって、[Windows機能の有効化または無効化]の設定を使えば、もっとアンインストールに近づくようですが、このような管理者権限がスタンドアロンのユーザーにはなさそうです。、

最新バージョンにしてみる

Windows10 のバージョンが古い可能性があるため、バージョンアップします。

ひとつ前の対処法で、Edgeのアンインストール自体は不可能ではない、というのがわかります。Window10の最新バージョンでは、Edgeだけをアンインストールできるのでは、と考えます。

Windows Updateを行い、Window10のバージョンが20H1や20H2になってから削除を試みますが、やはり上記の状況は変わりません。



まとめ

今のところ、グレーなソフトウェアを使わずユーザーが単独でEdgeを削除する、簡単な方法はありません。

何か良い方法があれば、コメント欄で教えてください。

テキストのコピーはできません。