パソコンでひらがなの大文字⇔小文字変換キーはどこ

NO IMAGE

スマホの文字入力に慣れていると、パソコンのキーボードでカナ入力を使うときにとまどいます。

例えば、小さい「あ」や「い」、「お」はどうやって打つの?

アルファベットの大文字を打つときは[Shift]キーがあるのだから、ひらがなやカタカナも大文字⇔小文字キーがあれば簡単なのに。

[X]を使う

ひらがなの大文字と小文字を切り替えるキーはないので、五十音を打つときには使わなそうな[X]キーを使います。

[X]+[A]、[X]+[I]、[X]+[O]と打ちましょう。

XA=ぁ、XI=ぃ、XU=ぅ、XE=ぇ、XO=ぉ、と、あいうえおの小文字が出ます。

[L]キーでも、「ぁぃぅぇぉ」が出せます。

LA=ぁ、LI=ぃ、LU=ぅ、LE=ぇ、LO=ぉ、となり、ラ行のひらがなは出ません。

変換候補を使う

ぃ????? ち???を ゎ?ょ?そ ねな?? ゐのぉ?ゃま ??て さきめみ? ゑ?もせ?

いきなり変な文章を出しました。小文字のひらがな、カタカナが多く使われていますね。

実は、大文字と小文字を入れ替えるキーはないのですが、漢字変換の候補を使って小文字と入れ替えられます。

たとえば、普通にかな変換モード「」と入力してみてください。

ここでスペースキーを叩いて変換候補を出すと、小さい「ぁ」が見つかります。

Windows10/11で使う日本語入力機能(Microsoft IME)では、五十音にある音の半分以上は、変換候補に小文字があるのです。

ただし環境依存文字と言って、他のOSやデバイス(スマホ、タブレット)では表示できず文字化けする恐れがあります。

使うときには注意してください。

初めに載せたのは、昔の人が考えた五十音を一度ずつ使う有名ないろは歌、「いろはにほへと~」を、小文字があるひらがな・カタカナを混ぜて書いた遊びの文章です。

テキストのコピーはできません。