キーボードで「゛」「゜」の出し方

キーボードで「゛」「゜」の出し方

パソコンで文章を書いているとき、「゛」(濁点)「゜」(半濁点)の入力方法がわからず困るケースがあります。五十音にない音でも、「゛」「゜」をつけて表現したいこともあることでしょう。

キーボードで「゛」「゜」の打ち方を説明します。

キーボードの該当するキー

パソコンの普通のキーボードでは、Enterキーの左側にある[@]キーに「゛」、その右の” [ “キーに「゜」が割り当てられています。このキーを使うと、普通の「ぐ」「ぱ」といった五十音の文字外にも、「お゛づがれ゛ざま゛」「了゜解゜」と入れることも可能です。

しかし、この入力はひらがな入力をしている時しか使えないため、普段ローマ字入力をしている場合は使いにくくとても不便です。

またキーボード面左上のほうに[2 ふ]というキーがあり、「” 」という記号が割り当てられています。これはダブルコーテーションという記号で、「゛」とは違います。

もっと直感的にわかりやすい方法があります。

日本語で記号名を入力

日本語入力の時に、「だくてん」と入力すると、「゛」 が変換候補に出てきます。これを選択して入力することもできます。「はんだくてん」と入力すれば、「゜」が変換候補に出ますので、お好きな方法を使ってみてください。

使用上の注意

五十音にある音であれば、この方法は使わず、ローマ字変換でその音を直接入力してください。「GU」→「ぐ」となります。

濁点を別につけてしまうと、「KU」+「゛」→「く゛」となり、「グーグル」「ググれ」が「ク゛ーク゛ル」「ク゛ク゛れ」のように間延びしてしまいます。

テキストのコピーはできません。