【変更方法】windows10/11の標準PDFリーダーを好きに変えられない!

NO IMAGE

windows10/11標準のPDFリーダーを他のアプリに変えたくて、ネットの評判を参考に別のアプリをインストールしてみたところ、

PDFファイルをダブルクリックしたときには、相変わらずこれまでの標準のアプリが立ち上がってしまう!何で?

なかなか標準のPDFリーダーを変えられないトラブルに見舞われている方。

windows10/11でPDFリーダーを変更する設定方法を解説します。

PDFファイルを開くアプリ

Windowsの標準では、Microsoft Edge PDFリーダーになっています。

PDFという種類のファイルにあらかじめ紐付けられていて、PDFファイルをダブルクリックしたときは、ユーザーに確認せずと紐付けされたアプリで勝手に開きます。

このアプリの紐付けを、ユーザーが明示的に指示して変更しないといけません。

変更の方法

通常のWindowsの設定メニューから実施する方法、PDFファイルを開くときにその場で設定する方法の二通りがあります。

設定メニューで変更

[スタートメニュー]-[設定]とたどり、[アプリ]-[既定のアプリ]を開きます。

既定のアプリの設定が開いたら、[ファイルの種類またはリンクの種類の既定値を設定する] と表示された文の下にある空欄のボックスに、以下のように入力します。

pdf

.pdf や .pdfxml という文字列がポップアップすると思います。ここでは .pdf を選んでください。

すると、今現在紐付けられたアプリが表示されます。このアプリをクリックすると変更画面に入ります。

[今後の .pdf ファイルを開く方法を選んでください] と表示された文の下に、新たに紐付けするアプリの候補が表示されます。

次に紐付けしたいアプリを選んで [OK] をクリックして抜ければ完了です。

PDFファイルを開くアプリの紐付けは修正されます。

PDFファイルから変更

PDFファイルを準備し、マウスポインタを重ねて、右クリックをします。メニューが開きます。

[プログラムから開く >] と書かれたメニュー行が見えると思います。

この行にマウスポインタを重ねると、右の方にさまざまなアプリが縦に並んでいますが、一番下に[別のプログラムを選択] と書かれた行が選べます。

この行を左クリックします。

[このファイルを開く方法を選んでください] と表示された文の下に、新たに紐付けするアプリの候補が表示されます。

次に紐付けしたいアプリを選んで、更に [常にこのアプリを使って .pdfファイルを開く] と書かれたチェックボックスにチェックを入れて、[OK]ボタンをクリックして抜ければ完了です。

これで、この瞬間からあなたが指定した新たなPDFリーダーでファイルが開きます。

まとめ

windows10/11でPDFリーダーを変更する方法を二つ解説しました。

他のアプリの紐付けも、同様の方法で変更できます。ぜひ試してみてください。

テキストのコピーはできません。