オフィスソフトが必要?マイクロソフトオフィスの代わりになる安価なソフトの選び方

オフィスソフトが必要?マイクロソフトオフィスの代わりになる安価なソフトの選び方

レポートの作成、名簿の管理など、家庭でもワードやエクセル(表計算)が欲しいなあ、と思うときがあります。

しかし、マイクロソフトのオフィスソフトをインストールしよう、と調べると、意外と価格が高く、どのくらい使うかなぁ、もったいないかもと迷ってしまいます。

何か代わりになるものはないのでしょうか。実は、あります。

オフィスソフトとは

オフィスソフトとは、文書作成、表計算を中心とする、業務で使う統合ソフトをさします。しかし今は、ほぼマイクロソフトが開発したWord、Excel、Powerpoint(プレゼンテーション)といったMS OFficeシリーズを意味しています。

MS Officeが世の中の標準のため、このOfficeと互換性がないオフィスは、なかなか手を出しにくいところです。

その中でも、互換性が優秀で価格も安い、二つの互換オフィスソフトを紹介します。

Thinkfree Officeとは

ソースネクストが世に送り出した、高い互換性をもつオフィスソフトです。

MS Officeには、独自に含まれる日本語フォントがあります。Thinkfree Officeでも同じ日本語フォントを採用することで、フォントが置き換わったり、表示がずれたりすることを防ぎました。

MS Officeでできる基本機能は、すべて含んでいます。更に、MS Officeではできない便利なパスワード機能を説明します。

PDFで保存するときパスワードを設定できる

MS Officeでは、PDF形式で保存するときに、開くときに必要なパスワードを設定できます。

しかし、PDFのパスワード設定はWordしか対応しておらず、ExcelやPowerPointではできません。

例えば、エクセルで見積書を作成したとき、パスワード付きPDFにしようとしてもできません。

ですが、Thinkfree Officeであれば、WordもExcelもPowerPointでも、PDFで保存するときにパスワードをかけられます。

個人情報や機密情報を含むPDFをメールで送りたいときには、うれしい機能ですね。

Thinkfree Officeは、こんな人に向いています。

・Officeはたまにしか使わないと思うので、とにかく安いほうが好み

・複数のパソコンにインストールしてつかいたい(パソコン3台までインストールできます)

WPS Officeとは

キングソフトが提供する、高い互換性をもつオフィスソフトです。

WPS Officeも、MS Officeの日本語フォントに対応しています。フォントが置き換わったり、表示がずれたりすることがないようになっています。

MS Officeでできる基本機能は、すべて含んでいます。更に、MS Officeにはない便利な特長として、タブ方式を説明します。

Officeがすべてタブで開く

MS Officeでは、Word、Excelなどを同時に開いて作業をするときも、それぞれのソフトが別々のウインドウで開いて、デスクトップ上が混雑してしまいます。

WPS Officeであれば、WordもExcelもPowerPointも、一つのウインドウ内で別タブで開きます。Webブラウザと同じ使い勝手です。

ウインドウを最大化して作業をしていても、すべてのタブが常に見えます。よって、作業中のタブを行き来するのも簡単で、効率があがることでしょう。

WPS Officeは、こんな人に向いています。

・Officeはタブレットやスマホでも使うかもしれない、マルチデバイスがうれしい

・操作がわからないときには、メールではなく直接電話で問い合わせをしたい




まとめ

マイクロソフトオフィスの代わりになる、優秀なオフィスソフトを紹介しました。

基本の使い方が中心の方には、良い選択肢だと思います。

テキストのコピーはできません。