Windows10の勝手に入っているMedia Playerは削除しても大丈夫?アンインストールの方法

NO IMAGE

Windows10にはいろいろなプリインストールされたアプリがありますが、Media Player(メディアプレーヤー)は使わない、今後もいらないのではと思う方もいるのではないでしょうか。

勝手に入れられたソフトでも常に自動でバージョンアップしていきますので、アプリ自体が容量を食ったり、バージョンアップの一時ファイルが全体の動作を遅くしたりします。

ではMedia Playerは削除しても大丈夫なのでしょうか。そこで、安全なアンインストールの方法を解説します。

Media Playerとは

パソコン内やインターネット上にある音声ファイル、動画ファイルを再生するためのMicrosoft製のアプリです。

すでに他の動画再生アプリを使っているようでしたら、不要です。削除しても問題ありません。

なお、このアプリはマイクロソフトストアにないのですが、またインストールしたい場合は、ご自分のWindowsが持っている保管場所から入れなおすことができます。

削除の方法

通常のメニューから実施する方法を説明します。

マウス操作でアンインストール

[スタートメニュー]-[Windowsアクセサリ]とたどり、[Media Player]の上でマウスの右クリックを行います。

[アンインストール]をクリックし、実行すればアプリは削除されます。

アンインストールできないとき

スタートボタンをクリックし、電源ボタンの上にある[設定]を選びます。

[アプリ]のアイコンをクリックします。アプリと機能が表示されますので、[オプション機能の管理]をクリックします。

オプション機能のリストが表示されます。リスト内のMedia Playerをクリックし、アンインストールボタンから削除へ進んでください。

再びインストールしたい場合は、同じ画面で+アイコンの[機能の追加]をクリックし、アプリの一覧が出たらこのアプリを選んで、インストールを行います。

アンインストールボタンがクリックできない

アンインストールボタンがクリックできないときは、Windows10 がアンインストールを許可していない状態です。

このときは、Windows10 を最新のバージョンにアップデートすると、Media Playerが削除できるようになります。

スタートメニューにある[設定]から、[更新とセキュリティ]のアイコンをクリックし、Windows Updateを実行してください。



まとめ

Windows10をインストールした際のままでは、メニュータイルにいろいろと不要なアプリが載ったままになりますので、消しましょう。

プリインストールアプリは、マイクロソフトが勝手にアップデートしますので、だんだんパソコンが重くなります

テキストのコピーはできません。